雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ザ・喜劇!『THE 有頂天ホテル』

私は実際に舞台で喜劇を見たことはないけど、多分こんな感じじゃないかな。めっちゃ笑わせてもらいました。

THE 有頂天ホテル(三谷幸喜)

★★★★



私が想像する喜劇というのは、たくさんの登場人物が出て来て、複数の人物同士が絡んで笑いを取って、そして話が動くとまた違う人物同士が絡み合って笑いを取って、そして(以下略)、最後にはその複数の人物とストーリーが大きな一つの流れとなって大団円を迎える、とこんな感じ。この映画に完璧に当てはまるじゃないですか!

ホテルの副支配人を中心とした、ベルボーイ、ウェイターなどのホテルのたくさんのスタッフ達、そして崖っぷちの国会議員を代表とするこれまたたくさんのお客、さらにはホテルでの公演を控えた大物演歌歌手を始めとした芸能人達、一癖も二癖もあるこんな奴らがテンポ良く何重にも絡んで絡んで絡んで・・・もう最高ですよ。

多分笑ったもん勝ちなんだろう。ストーリーなんてあってなきが如くというか本当に取ってつけたようなものだから。むしろその取って付けた感を楽しめる人ならもう言うことないはず。
ベルボーイ(香取慎吾)が大物演歌歌手(西田敏行)に弾き語るシーンなんてまさにそう。あれを白けてしまうか笑ってしまうかで大きく感想が変わってくる映画。私は後者だけど、逆に全体的にストーリー面を真面目に見てしまう人や肌に合わなくて笑えない人はもう完璧に無理っとなってしまうと思う。ちなみに私は副支配人がなぜあそこまでホテルで仕事をしていることを隠そうとしたかは分からなくて、それらの話だけはポカンだった。

特筆するべきは、やはり大物かつ実力派俳優女優がてんこ盛りな所。
上で挙げた方に加えて、役所広司、松たか子、オダギリジョー、唐沢寿明…キリが無さ過ぎるのでこのくらいにしときますが、豪華すぎるだろこれ!しかも出演者の多くが普段見られない一面をこの映画では存分に発揮していて、そういう意味でも興味深かった。
絡んで絡んで、と書いたけどそれも一人一人が笑えたからこそ。怪しすぎる副支配人(生瀬勝久)、おどおどしすぎる筆耕係(オダギリジョー)、役に立たなさ過ぎる総支配人(伊藤四朗)、演歌歌手(西田敏行)とマネージャーの迷コンビ…こちらも挙げればキリが無い。こんなにキャラクターがしっかりしてるのもやはり実力派ゆえか。

そんな中でも私のベストは客室係の松たか子と堀内敬子の2人。松たか子はもう何やってんのよ笑。どんどん流されていく彼女は最高でした。告白を見た後だとそのギャップにも笑える。堀内敬子はこの映画で初めて見たんだけど、めっちゃキュート!ずっとギター背負っちゃって笑。

最後のグランドフィナーレも良かった。思わず微笑んでしまう。そして何故か車両の整理をしている国会議員(佐藤浩市)笑。

とまあ気軽に見れるいい映画でした。気軽に見れるっていいよね、と普段あまりコメディも邦画も見ないから改めて感じた。
しかし文の最後の方、自分でも驚くほど「笑」を使ってしまって申し訳ない。そのくらい笑わせてもらったということで。
好き嫌い分かれるとは思いますが、個人的にはお気に入りの一本です。
スポンサーサイト

| 邦画 | 02:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/8-77971c87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。