雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダンジョンで山賊になろう『ダンジョン飯』

中毒性が尋常じゃない。


4047301531ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)
九井 諒子
KADOKAWA/エンターブレイン 2015-01-15

by G-Tools
★★★★★



久々(とは言っても一年ちょいぶりとか?)の九井諒子の新刊ということで。年の初めに年一の話題作が出てしまったんじゃないかという爆発っぷり。しかし中毒性尋常じゃないよね。何かの拍子についついぱらぱら読んじゃうもの。

九井諒子という人はとても世界を誠実に描いてきた漫画家であることは間違いなくて。それは細部までの妄想力というだけではなく、世界が誰によってどのように物語られていくかということに非常に繊細な作り手であってきたと思う。だからこそ、これまでもいかにもRPG的な世界により実体を与えることができた。

で、ダンジョン飯で九井諒子が何をやっているのかというと、ダンジョンRPGの世界で山賊ダイアリーということになるのだろう。ここで思い出したのは、竜のかわいい七つの子収録の『狼は嘘をつかない』。この作品では狼少年子育てエッセイという枠組みの外にやはり(九井諒子創作世界での)現実の枠組みがあるという入れ子構造になっているわけだ。でもこのダンジョン飯においては、この山賊ダイアリー的な狩猟エッセイグルメ漫画の外側にあるのは個々人が抱いている普遍的なダンジョンRPGのイメージであって、もはや九井諒子が新たに世界を創造する必要すらない。

この漫画の中毒性が尋常じゃないというのは何度も述べたのだけれども、それは要は細部が圧倒的に面白いからなんだよね。そして細部が圧倒的に面白いってことは、世界観が圧倒的に強固じゃないといけない。つまり改めて感じさせられたのは、このRPG的世界観って自分も含めた日本人にとってもはや現実に近いくらい強固なものであるんだなってことで。もちろん育ってきた、遊んできた環境によって色んなずれはあると思うのだけども、私の場合は主にドラクエであったり。
九井諒子の異能というのはその世界観の強固さを感じ取った上で、本来現実の世界を物語るはずの手法をこのダンジョンRPG的世界に適用できることにあるんだろう。栄養バランスのパラメーターとか、スライムの食され方とか、歩きキノコの美味しい部分とか、動く鎧の生態とか、本当に細部が圧倒的に面白い。焼き動く鎧なんてマジで傑作すぎるとしか言えないよね笑。

山賊ダイアリーにしても狩猟知識なんて知らなくても全く困らない知識なのだけども、やはり語られることでより日常になっていく。罠のコツとか、美味しい鴨と不味い鴨とか。何より知識が増えることは嬉しい。
ダンジョン飯の知識なんてもはや役に立つ可能性は0に等しいのだけども、やっぱり嬉しいんだよね。架空の技術や知識の筈なのに、なぜか正確に誠実に描かれていると確信できるのがすごいよなあ。この先、魔物食が日常と化していくことで細部はより面白くなるかもしれないし、でも一方でこの未知のわくわく感が失われることはないのだと思う。「姿や鳴き声。どんな生態をしているのか。そのうち味も知りたくなった」うむうむ。

あとキャラクターも本当にいいやね。変態的なライオスはサイコパスながらも笑えるし、魔物食に拒否感ありつつも慣れていっちゃうマルシルも可愛い。ここらは九井諒子作品でも随一じゃなかろうか。一方で九井諒子の多彩な線を楽しめないということは少し寂しかったりもする。

こんなに架空の世界に実体を与えてくれる漫画なんてないのでもちろんオススメ。だってイノシシやシカを食べたくなるように、魔物だって食べたくなるもの。やはり今一番世界を誠実に描いている漫画家さんだと思う。2巻が出るまでまだまだ何度も読み返しそうな予感。
スポンサーサイト

| 漫画 | 00:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/02/23 04:17 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/351-6b7c0a80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。