雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熱がなかったら溶けられない『BUTTER!!!』

ヤマシタトモコのシリーズものでは、ドントクライガールと並ぶ快作。

4063878872BUTTER!!!(6)<完> (アフタヌーンKC)
ヤマシタ トモコ
講談社 2013-05-23

by G-Tools
★★★★


 
 ちょっと前に完結巻が刊行されたBUTTER!!!について…。これがまたヤマシタトモコの陽性の部分が振り切ったような快作でした。ちなみについさっき読んだようなひばりの朝はヤマシタトモコの黒い部分をあえて昇華させることなくただただ存分にぶちまけてくれたような漫画だったわけですが、本当に振り幅が広い漫画家さんだなあと思う。

 物語の始まり方自体は非常にオーソドックスな青春もの。冴えない中学時代を送ったいじめられっ子端場くんが何故か社交ダンス部に入ることになってしまい、色んな先輩や同級生に出会って…。というようなわりと既視感のある高校部活群像劇。

 ヤマシタトモコ作品の面白みの一つは、とにかくそのキャラクターの掛け合いが面白いことにあって。しかもBUTTER!!!の主要キャラクターは一年生4人と先輩2人の6人で、多分私が知ってる限りヤマシタトモコの漫画の中で一番多いわけ。で、ヤマシタトモコが凄いのはこれだけのキャラに加え、社交ダンスの講師や顧問の先生まで全部のキャラがとにかく立ってるってことで…。結果、キャラ同士の絡みが指数関数的に面白い。キャラが多けりゃ放っておくだけでそれだけの化学反応が生まれちゃうのか…なんて思っちゃうくらいに筆がノってた。
 しかもそのキャラクターってみんな記号的じゃなくて生きている感じがするんだよなあ。BUTTER!!!の登場人物の台詞って端場くんを代表にわりとたどたどしい。「今上手くまとまらない」なんて台詞を吐くのは端場くんだけではないわけで…。内面はそれなりにストレートに語らせる漫画であるとは思うのだけど、その気持ちのまとまらなさやメールを打つ場面、家と学校での姿の違い、細かい仕草にだってそれぞれのキャラが描かれる。だからこそリアルで、生々しい。

 そして、BUTTER!!!はそんなキャラクターが成長する物語だ。社交ダンスはどちらかというと添え物みたいなもので。その明るい部分だけではなくて、青春のほの暗さやそれぞれのキャラの澱んだ部分までしっかりと描かれる。わりと目を背けたくなるような、自分のいやぁな部分までも…。で、この漫画で救われるのは、頑張ることで、必死こいて思うことで、そんな自分を少しだけ変えられるということで。
 この漫画で心底素晴らしいと思ったのは、成長=変化というのが等価で表現されているということなんだよなあ。端場くんが同級生のイケメンくんに「ちょっと前のお前も…」なんて言うように、それはしっかりと漫画の中の世界にも反映されている。それも“人が変わった”わけではないんだよね。元々の魅力も、そして嫌な部分だって内包した上で、彼らは少しずつ変わっていく。それがちょっと眩しいくらい希望に満ちていて、でも本当に楽しい。

 そしてその少しだけ変わった彼らが織り成す化学反応もまたちょっとずつ変化していく。キャラクターの、そしてその関係性の変化をさらっと描いてしまえるのがヤマシタトモコの矜持だよなあ。とにかく凄い。
 で、頑張った彼らだからこそ最後のクライマックスで最高に楽しめる。バターになって溶けちゃえる。めちゃくちゃアゲてくれるこれ以上ないラストでした。

 青春を楽しむためには頑張らないといけない。熱が入ったキャラクターが少しずつ変わって、踊りながら溶けていく。社交ダンス部の面々とは真逆の意味で、端場くんを以前いじめていた子がまた印象的だった。熱を持った人だっていれば、それを冷まそうとする奴だっているわけで。変わるためには必死こいてやらなきゃいけないし、見ているだけじゃなくて動き出さないと物語は始まらない。
 必死こいて変われるあたりはめちゃくちゃ前向きすぎる・希望に満ちすぎるくらいの青春ものなのだけれども…。でもそれが全然嫌味じゃないんだよね。その前向きさは決して空っぽなものではなくて、澱んだものを凌駕するくらいの熱があってのものだから。青春漫画として、本当にお気に入り。
スポンサーサイト

| 漫画 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/323-47ea5235

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。