雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Justice League Dark Vol. 1: In the Dark

魔術系キャラクターによるジャスティス・リーグ!

1401237045Justice League Dark Vol. 1: In the Dark (The New 52)
Peter Milligan Mikel Janin
DC Comics 2012-10-16

by G-Tools
★★


 
 狂気に堕ちたエンチャントレス…。彼女の惑乱は世界に混乱をもたらした。世界中でジュン・ムーンという女性が大量に現れ死に続け、また朽ち果てたエンチャントレスまでが止めどもなく姿を現し続ける。そして彼らの領域ではないがために、ジャスティス・リーグでさえもエンチャントレスの前に倒れてしまうのだった。そしてマダム・ザナドゥはこの危機に対処するためにチームを集めるのだが…。

JLD1.png

 マダム・ザナドゥ、ザターナ、デッドマン、シェイド・ザ・チェンジングマン、ジョン・コンスタンティン、マインドワープという面々。とりあえずザターナのコスチューム変更はイマイチ。まあどうやら今後戻るようですが。リランチ後にコス変更されたキャラの大半は結局元サヤに収まるんだろうなあ。

JLD2.jpg

 ヒーローたちが集まるチームものの面白さというのは、ありえないはずのキャラクター同士が共闘して一人じゃ敵わない相手に立ち向かうロマンにある思うのだけれども。例えば映画アベンジャーズだったり、ジェフジョンのジャスティス・リーグは非常に上手くやっていた。特にアベンジャーズは単独映画の段階からじっくりとキャラクタ一人一人を魅力的に描いていたからこそ、そんな個性豊かな連中が衝突し合いながらもある出来事をきっかけに団結、敵をやっつけるという展開にめちゃくちゃアガったわけで。そのありえなさではJLDはある意味アベンジャーズやJLを超えるのだから、最高にわくわくする良いコンセプトだと思う。

 "彼らのほとんどは彼ら自身にとってさえ危険よ。でもそれはもちろん他の人にだって例外じゃない"しかしこんな危険で、アクの強い連中が集まるわけだからチームとして成り立つんだろうかという疑念は、当然のように確信に変わってしまう。最初から最後までチームはバラバラであり続け(一番気になってたシェイドさん途中退場しちゃうし…)、最後に事件を解決したのもJLDの力というよりコンステンティンの機転が大きいものだから、そこにはカタルシスなんてない。そもそもチーム結成のきっかけが欺瞞であったあたりからもう救われないとしか言い様がないよなあ。
 何となくアンチ・ジャスティスリーグ的なものをピーター・ミリガンはやろうとしたのかなってのは分からなくもなくて。ただそれでじゃあどう面白くするの?って答えがみつからないままに、だらだら物語が進んだ挙句ただただ後味の悪い終わり方をしてしまったというか…。また魔術系のキャラクターって能力がわりかし曖昧だから役割分担がはっきりしないんだよね。その上個性豊かなはずなのにミリガンの描くキャラクターにはあんまり魅力が感じられなかったもんだから、チームものとしては今ひとつ楽しめなかった。

 まあそもそもこのタイトルを買おうと思ったのは、ライター変更でジェフ・レミアが担当する2巻分の予習という意味が大きかったんだよね。チームの成り立ちを読めたという意味では満足したし、1000円くらいで買えたので元は取れたかなと。ジェフ・レミアに変わってからは評判もよろしいようで、何よりアクの強すぎるほどのキャラクターたちはめちゃくちゃ爆発力を秘めてるはずなんだよなあ。2巻はゲイマンの『The Books of Magic』が下敷きになっているみたいというのもあって、レミアさんがこのしょうもない連中をどう料理するかは非常に楽しみです。ちなみに2巻最初に収録されるであろうミリガン担当のラストアークであるI,Vampireとのクロスオーバーは結末を除けば(おい!)中々面白かったことを付け加えておきます。JLDの分単体だと消化不良になりそうだけれども。
スポンサーサイト

| 海外マンガ・原書 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/311-b03c0a44

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。