雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

めくるめくヒーロー体験『アベンジャーズ』

やっぱりこれは劇場に観に行かないと!

アベンジャーズ2
★★★★★


 
 いやぁ、最高だった! これまで映画観てきた中でもここまで熱くなったことはそうないよ。あと一回行けるものなら行きたい所。

 もう大体の方は知ってると思うけど、一応概要を説明。

 アベンジャーズはマーベルシネマティックユニバースという枠組みの中で、アイアンマン、キャプテンアメリカ、マイティ・ソー、インクレディブル・ハルクらこれまで先に発表された作品群と世界観を共有している。これまでそれぞれの映画で活躍したヒーローたちが一つに結集するのがこのアベンジャーズなわけだ。
 ストーリーはシンプルなので、これらを観ていないでも楽しむことは可能だろう。ただ、キャラクターを把握しておくことがこの映画の中に入り込むためにはすごく大事なので、先に鑑賞しとくのをおすすめ。

 見る前に少し不安だったのは、何たってそれぞれのキャラクター達があまりにアクが強すぎること。これだけの面々が集まるとなると、期待の半面では中々まとまった映画になる図が想像できなかった。ハイテク満載の鉄のスーツに身を包む大富豪、第二次世界大戦時代から蘇った超人兵士、神の国からやって来た雷神、普段は気弱な物理化学者だが危険にさらされると緑の巨人・ハルクになってしまう二重人格者、さらには暗殺者二人に眼帯指揮官ともなると濃すぎるよなこの面子。
 で、いざ観始めるとそんな懸念は木っ端微塵に…。期待通りにキャラはめちゃくちゃに立ってる。いやもうすごい具合に立ってる。ヒーロー同士が続々と登場し、内輪もめに内輪もめを繰り返す展開。このヒーロー同士のどつきあいがとんでもなくおもしろいのだ。なおかつどのキャラクターも上手く見せ場を与えられていて、めくるめく夢の共演(喧嘩)が続く。すごいバランス感覚だぜジョス・ウィードン!

 つくづくヒーローものの醍醐味ってこういうものだよなぁ。本来アメコミにしろ漫画にしろヒーローなんて馬鹿らしいものだし、馬鹿らしいからこそ楽しいわけだし。世界観が揺らいだとしても歴代仮面ライダーが集合したら最高に盛り上がったものだった。ヒーロー同士が争う姿に魅せられ、その後結集して一人一人じゃ敵わない相手に勝利する姿には最高に熱くなった。
 S.H.I.E.L.D.のエージェントであるコールソンが自らキャップのコスチュームをデザインし、気恥ずかしそうにキャップへヴィテンージカードへのサインを求める姿はそんな私達そのものだ。そんな彼がアベンジャーズ団結のきっかけとなるのだから、何やら胸にこみ上げてこないわけがない。

 アベンジャーズが一致団結してからの展開は、本当に子どもに戻っちゃったかのように観てた。今でも全てのヒーローが活躍する最高に熱いシーンを思い出せるもんなぁ。一方敵が相当微妙なわけだけれども…。大事なのはそこじゃなくて、こいつらが結束するカタルシスが存分に味わえること。あっちでもこっちでもキャップがソーがアイアンマンが駆け回って、ぶん殴って…。そしてまた特にコミックリリーフ的な存在であるハルク(とロキ)が上手く機能してるんだ笑。めくるめくヒーロー体験。すんばらしい。
 てな感じで、ヒーローに憧れる初期衝動を存分に思い出させてくれた映画でした。本当に奇跡的なバランスだよこれ。劇場で観るべきお祭り映画だと思うので、まだ観に行ってない方はぜひ。

追記
・コールソンが印象的だった一方、キャップの存在意義が若干薄くなったような…。何でアベンジャーズをキャップが指揮するかという所がちょっと唐突だった印象。
・キャップの高潔さというのは前作で上手く描いてたので、もしかしたらディスクでノーカット版ならまた違うのかも。
・ハルク役のマーク・ラファロは今回初ということだったけど、すごく印象的だった。ハルク続編に期待。
・ハルクに恐怖して、笑って、盛り上がって…ととにかく忙しかった笑。
スポンサーサイト

| 洋画 | 23:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。

骨付きタローさんはじめまして。
イザクといいます。

アベンジャーズ、めっちゃ面白かったですよね!
やはりジョス・ウィードンの脚本が良いのでしょうか。
「トイ・ストーリー」でも、いろんなおもちゃがそれぞれの個性を生かして協力しあう場面が多いですものね。
ヒーロー映画に求める痛快さ、爽快さがギッシリ詰まっていて素晴らしかった。
私のお気に入りは、最後、全員が疲れ切って、ボロくなった店に座ってシャワルマの皿を前に無言でボーッと座っている場面。映画館で、一人でクツクツと笑い続けてしまいましたw
アメコミ映画では、サム・ライミ版スパイダーマンが一番好きですが、それとは別方向にすごい好きになりました。

あと、「屍者の帝国」をお読みになったんですね?
何て言っていいかわかんないけど、泣けますよねアレ・・・。
骨付きタローさん、昔のSFとか良く読んでらして、本の趣味とかも近そうなので、また遊びに来させてくださいね~ww

| イザク | 2012/08/27 21:13 | URL |

Re: はじめまして。

はじめまして。
コメントありがとうございます。

アベンジャーズ最高でしたね!
あれだけの面々にバランス良く出番を与えて、さらには活かした演出や台詞盛りだくさん、その上無理やり詰め込んだ印象も全くないとなるとウィードンの脚本整理能力は天才的だと思います。
あの打ち上げシーンはやられましたw
打ち上げは来るんだろうなぁと準備してましたがあれは想像の斜め上すぎてもうw
実はアメコミに手を出したくなるのを恐れてサム・ライミに限らずスパイダーマン見てないんですよね。
そろそろ誘惑に負けそうな所ではありますが…。

屍者の帝国はちょうど今日読み終えました。
私もまだ考えがまとまってないんですが、あれは泣けます。

こちらこそまた遊びに行かせて頂きますね!

| 骨付きタロー | 2012/08/27 22:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/229-8be553bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。