雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Green Lantern: Wanted Hal Jordan

指名手配されたハル・ジョーダンとは何ぞやと。

1401215904Green Lantern: Wanted Hal Jordan (Green Lantern (Graphic Novels))
Geoff Johns Ivan Reis
DC Comics 2009-01-13

by G-Tools
★★★


 
 「Revenge of the Green Lanterns」の続きのお話。前作におけるオリーの「お前はその糞ったれなリングを肌身離さず持ち続けておくべきだったんだ」という意味深な台詞に関連した事件が語られていく。なので、続編とはいっても時系列としては前作と前後する感じ。

 空軍の任務に就いていたハルは、同僚二人と共にテロリストに捕まってしまう。数ヶ月間拷問にかけられ続け、情報を吐くように強要されるハル。“飛ぶ時は決してリングを身につけない”、この信念のために、自分自身のみならず同僚の身さえも危険にさらしてしまうことになって…。

 「No Fear」がヒーローと家族の関係性についての物語だったとすれば、今作の序盤はヒーローと仕事のつながりを巡る物語といえるかもしれない。ジェフ・ジョーンズはこういう一人の人間としてのハルを描くのが実に上手いよね。力を持ってしまったがゆえに普通の人間としての生活は逆に悩めるものになってしまう。
 ハルは空軍のパイロットという職業に就いているわけだけれども。ここで辛いのは、リングの力を使ってしまえば何でも解決してしまうってことで…。仕事に限らず実生活にリングの力を使ってしまうと途端に人生は味気なくなってしまう。だからこそハルは仕事とヒーロー活動を頑なに切り離そうとしてきた。
 
 ただそんな彼の信念のために、リングがあれば助けられたものを助けられないという事態に陥ってしまう。これは難しいジレンマだよなぁ。自分の生活を充実させようと思ったら、ヒーローとしての力が重荷になるわけで。テロリストにスーツを着て無双するハルを見ていると、その爽快さとは裏腹に彼に普通の人間として生きる場はないようで少し物悲しい。この後悔がために、ハルは大胆な決断をすることになる。
 ただこのテーマについては大して掘り下げられない。中盤以降はアビンの息子であるアモン・サー絡みの物語がメインになっていくし、合間合間にシネストロ・コァ・ウォーへの布石も敷かれていく。アモンはカイル時代のヴィランらしいのだけれどハルとぶつけた方がおもしろいのは確かで、こちらの話も非常におもしろい。
 
 しかしそれぞれの物語が上手く重ならない。そういう意味では、ヴィランとの戦いと物語性をうまく重ね合わせていた前作までと比べると多少落ちる印象。ジェフ・ジョーンズの作る話には綺麗な流れが感じられるのだけれど、今作に関しては途中に少々切れ目を感じてしまった。

 本編に加えて、「スターサファイアの謎」も収録。スターサファイアの概要が説明されつつ、こちらも先への布石となっていく模様。サイケなアートに、カウガールとキャロル二人のヒロインの恋の鞘当てが中々に楽しい。キャロルとのやりとりにはにやり。
 
「君は結婚してたじゃないか」
「あなたは死んでた」
「そんなに長い間じゃないよ」

 全体として、先へのつなぎの面が強い作品だったかもしれない。“飛ぶ時は決してリングをつけない”に関しては、よりおもしろくなりそうだっただけに若干消化不良な印象。いや十分質の高い話なのだけれど、ジェフ・ジョーンズへの期待値は高くなるんだよな。そして次はとうとうシネストロ・コァ・ウォーへ!

雑記
・ハルの心配をしてるバットマンが可愛過ぎて困る
・首がなくなってもまた生えてくるとかマジかアモンさん…
・そうなるとアビンは何であんなにあっさり死んだんだ
・たまに出てきたと思ったら格好良すぎるジョンに笑ったw
・てかリングにあんな能力あるならもっと活用すべき
・スターサファイアの愛がキチガイすぎて怖いです
スポンサーサイト

| 海外マンガ・原書 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/218-d02656ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。