雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まさかのタッグが描く熱い青春『曇天・プリズム・ソーラーカー』

まさかのドリームタッグ!これは読むしかない。

曇天・プリズム・ソーラーカー(太田垣康男原作、村田雄介作画)

★★



内容はといえば、王道な青春もの。思わず読んでるこっちが恥ずかしくなるほどの直球具合。
働きながら大学進学を目指す青年が、何の苦労もない(ように思える)大学生たちと一悶着ありつつもソーラーカー作りを手伝うことになって…という太田垣先生らしからぬ内容なので当然といえば当然なのだが。

太田垣康男原作、しかも短期集中連載で2巻に纏まっているので破綻は全くなく、結末までさらっと読めた。
起承転結がこれだけ明確な作品はちょっと記憶にない。どこまでが起でどこからが承かはっきり分かる。それだけにスムーズ過ぎる、小奇麗に纏まり過ぎているとも言えるわけだけど。

何だろうな、正直期待していた二人の化学反応というのは見られなくて、至極無難な作品に仕上がってしまっており、そういう意味では期待はずれではある。あまりに原作がきちっとしすぎているし、あまりに村田先生が少年漫画の勢いで描いているから現実味がないというかテレビを見ている感じというか。リアリティのある青年漫画と夢を追う少年漫画の間の中途半端な立ち位置で、読んでいる私もふわふわしてしまう。
ムーンライトマイルやフロントミッションでの太田垣先生らしさは青春ものでも出せると思ったんだけどな。特徴が無さ過ぎて少し残念。

でも互いに1人では出来ない内容はやれたのかもしれない。それはこの2人だからこそ、というものではなかったにしろ。太田垣康男は青春ものが書きたかったし、村田雄介はアイシールドのような派手な作品以外もやってみたかったのだろう。
この作品が成功したかはともかく、今後の作品の肥やしにはなりうるかもしれない。特に村田先生は今の感じだと何をやっても少年漫画っぽくなってしまうみたいなので、幅を広げないといくら絵が上手くてもまずい気が…。

今後の両先生には要注目ですね。
スポンサーサイト

| 漫画 | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/20-f473d516

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。