雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

盛り上がらないアメコミ映画『グリーンランタン』

これはコケてもしょうがないな。

B004HO51RWグリーン・ランタン ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-01-11

by G-Tools
★★


 
 最近のアメコミ映画に珍しく大コケしちゃいましたグリーンランタン。映画自体の出来もちょっと残念だったのだけれど、それ以上に映画の続編が出ないとアメコミの邦訳が出ないじゃん、と違った所で憤ってたりしないでもなかったり。

 これを見た知り合いが、グリーンランタンはつまらなかったと言ってて。まあそれは良いのだけれども、理由を聞いてみて「ダサかった」と返された時にはちょっと絶句した。でもこの映画だけ見たら、それも否定できないな、と。
 というか基本アメコミヒーローのコスチュームはダサいのが少なくなくて。でもそれを演出とかさ、ストーリーとかさ、そういうので心底“ヒーロー”と思わせてくれるわけだし。このグリーンランタンの映画では、色々と欠けてたからダサくなったんだ、と言い訳したく思った(が、面倒くさいのでしなかった)。

 何が決定的に欠けてたというと、まあ「盛り上がり」だよね。もうアメコミ映画とは思えないほど盛り上がらなかった。
 ダークナイトやキックアスに関しては、かなりヒーローものとしては異色作なので置いといても、グリーンランタンはかなり王道の作りだったと思う。アイアンマンやスパイダーマンのような。で、マーベル映画が上手いのは、もう何とも分かりやすいってことで。ここで盛り上がるんだ!ってポイントをめちゃくちゃ押してくる。人間ドラマとしても筋は非常に明快で、かつ爽快。

 例えば初めて空を飛ぶシーンとかさ、他のヒーローものですらけっこう印象的じゃん。さらにこのハルなんて、空を飛ぶのにすごく執着あるわけです。なのに、何この空気な演出。
 またヘクターなんかさ、けっこう不運で気の毒なやつなのに、友達のお前がそういう扱いでいいのかとか。後お前のとばっちりで辞めさせられた人たちを、初めて使うリングの力で殴っちゃったりとか。色々とヒーローとしてそれで良いのかとか思ったり。リングも何でも出来るんだから、もっと派手にやってもよくね?とか。後ヘクターに関しては、ハルさん結局負けちゃったよねとか。宇宙規模の敵なはずのパララックスの予想外のしょぼさとか。最後のハルの機転なんかも、あそこから持ってきてもカタルシスとか沸かないですし。

 他のランタンズもびっくりするほど空気だったな…。せめてシネストロはもうちょいさ、何か欲しかった。これただの意地悪な人じゃないですか。しかもあっさりと、かついつの間にか、恐怖に堕ちてるという。

 また無駄に、色々と分かりにくいすぎる。というか、私は原作をいくらか見てるので分かるんだけど、絶対見てなかったら印象にも残らない部分が多すぎて。
 例えば父親のフライトジャケットとかさ、けっこうぐっとくるポイントなのに特に何にも触れられず。後キャロルとの関係なんて、かなり愛増入り混じった微妙な感じなのに何この適当なラブロマンス。またハルの辛抱できない性格とかもっと強調してもよくね? とかね、要素要素はかなりおもしろくなりそうな所あるのに、特に何があるわけでもなく話が進むという。

明るき太陽の元でも、暗き闇の中でも
いかなる悪もこの眼差しより逃げる事はあたわず
邪悪な力に魅入られし者達よ
我が力に屈せよ...グリーンランタンの光に!

 
 繰り返すようですが、こういう中二な感じのオース(変身の台詞的な)に鳥肌が立つ熱さとか、爽快感とか、そういう盛り上がりが全くなかったってことに尽きる。ただただ上滑りしてたなぁ、と。

 …ああ、やっぱりただ愚痴を書き散らす感じになっちゃたよ。しかも映画も原作も見てない人にはさっぱり話が分からないであろうという後悔。

 ジェフ・ジョーンズによるとどうやら2作目の企画自体はあるみたいです。本決まりではないようですが、もし次作があれば何とかしてもらいたい次第。だってさ、やっぱり映画でJLAとか見たいし。
 でも最初からアベンジャーズ見据えてやってるマーベルはやっぱり映画作りが上手いな。せっかくダークナイトは大ヒットだったのに、この差は何なのだろう。頑張れDC!と、お茶を濁しつつ、すっきりとした気分になったのでここまで。
スポンサーサイト

| 洋画 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

やっぱりアレはガッカリですよね。
あれだけいい素材でなぜこんな半端なものができるのかと、小一時間どころではなく問い詰めたい。
せめてオースのシーンが格好良ければマシだったのですが・・・ニワカファンだけどさすがに「わかってねーな!」と感じましたよ。もう、一番の見所はジェフジョンのコメンタリーなんじゃないかとさえ(笑)

次回作はリブートらしいので今度は頑張って欲しいですねぇ。

| フォーク | 2012/04/08 17:15 | URL |

Re: No title

久々にガッカリのアメコミ映画でした。
自分の中で一番アメコミ映画でおもしろくなかったのはバットマン:フォーエヴァーですが、それよりはさすがにましかなくらいな。

そしてその一番の見所だったかもしれないジェフジョンのコメンタリーに気づいてなかったというw
リブートだとしたら少しは期待できそうですが、監督変わらないですからねぇ。
何とか頑張って欲しい…。

| 骨付きタロー | 2012/04/08 19:50 | URL |

No title

>ジェフジョンのコメンタリーに気づいてなかったというw

ワイプ画面でジェフジョンが動き回りますよwかなり珍しいような

| フォーク | 2012/04/08 22:03 | URL |

Re: No title

うわぁ、それは見たかった!
この映画をもう一度レンタルするつもりは全くないのでもう機会はなさそうですがw

| 骨付きタロー | 2012/04/08 22:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/178-8477d337

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。