雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Green Lantern: Revenge of the Green Lanterns

やっぱりジェフのグリーンランタンは良いね!

1401209602Green Lantern: Revenge of the Green Lanterns (Green Lantern (Graphic Novels))
Geoff Johns Carlos Paceho
DC Comics 2008-10-07

by G-Tools
★★★★


 
 リバースとNo Fearに続く、ジェフ・ジョーンズのグリーンランタンということで。いやはや、すんごくおもしろい。
 以前の記事でも書いたように、ジェフのグリーンランタンでは、大人の人間ドラマを少年漫画のノリで楽しむことが出来ちゃうのだ。ランタン特有の派手なヒーローものの爽快感と質の高い物語を軽々と両立させるあたり、本当にこの人の手腕はすごい。そしてまた読者の気持ちとツボが分かってんだよなぁ。降参です。

 3話全てほぼ違うお話なので、今回はそれぞれ分けて書いてみようかと。

 「A Perfect Life」
 グリーンランタンとグリーンアローがコーストシティで共に活動している所、モンガルの息子が月面のJLAの施設を破壊し、再び地球を襲おうとしているという知らせが伝わってくる。彼は父親と同じく、寄生した人々を各々の願望の中に閉じ込める植物を利用するのであった…。
 ジェフ・ジョーンズ版「他に何を望もう」と言って良いかと。ムーアのように、ヒーローの精神性に深く踏み込んではいないのだけれど、これも秀逸な出来だった。叶わなかった願いが叶う、というのは「フィールド・オブ・ドリームス」のように、まあそれだけで泣ける話ではあって。でも、この作品では決して夢物語ではなく、何とか現実を変えようとする礎になるのにぐっと来た。ハルの父親と父親としてのオリーをリンクさせたのも巧い仕掛けだったと思う。オリーの過去を今一把握できてないので、それが分かる方ならより楽しめるかもしれない。またやはりこの二人のコンビは良い!

 「Branded」
 バットマンが呼んでいると聞き、ゴッサムに出向くハル。バットマンはタトゥードマンという最近殺人を犯した男を追うことをハルに依頼する…というか頭ごなしに、且つ馬鹿にした様子で命令する。怒るハルであったが…。
 リバースでこじれてしまったブルースとハルの仲直りのお話。正直タトゥードマンに関しては全く魅力はないし、どうでもいいヴィランだったのだけれども。ラストのバットマンがランタンに変身する件と「本当に、戻ってきてくれて嬉しいよ…ハル」は反則だと思うの。良い話でした。

 「Revenge of the Green Lanterns」
 何やら軍で功績が認められカウガール、ロケットマンと共に表彰されるハル。表彰式のさなか、赤いロケットが会場に墜落してくる。その中にいたのは、かつてパララックス化していたハルに殺されたはずのトマ=ツーであった。他のロストランタンズも生きていると考えたハルはガーディアンズの命令を無視し、ガイと共にトマ=ツーが来たと思われる宇宙の最果てに向かい…。
 今回のメインのお話。ハルや今回のロストランタンズのように、アメコミで誰かが生き返るというのは決して珍しくないのだけれども。それをこんなに違和感なくやれる人は珍しい。何というか、全くご都合主義を感じさせない。
 いくらパララックスに操られていたとしても仲間を殺しまくったハルの手が血みどろであることは確かであって、それが何事もなかったように復帰して良いのか? No Fearでかなり軽減されたその疑問を、さらに推し進めたのがこの話であり、上手く重苦しくなり過ぎない程度の所に着地してくれた。かつて犯した罪に苦しみ、そしてその罪をどう償うのか…いやぁ、おもしろい。
 
 全体的にベタな部分もいっぱいあって、でも所々でジェフの奇想がそのベタな部分を上手く活かすという奇跡的なバランスに唸った傑作だった。やっぱりジェフ・ジョーンズは相当な異才。
 “お前はその糞ったれなリングを肌身離さず持ち続けておくべきだったんだ”というオリーの意味深な台詞、ハルとカウガールとロケットマンの3人が達成したという任務、ここらへんの謎はどうやら次作の「Wanted Hal Jordan」に引き継がれるようで。グリーンランタン・コァ誌の方と併せてシネストロ戦争まで読み進めていくつもりです。

以下雑感
・ガイが色々と大活躍で笑う
 ・ハルに着信拒否されるガイ
 ・ガーディアンをスマーフ呼ばわりするガイ
・やっぱりショーケースあたりを読んでないので実感できない件もちらほら
 ・生き返った面々もそうだし、サイボーグスーパーマンなんかも
・前回あれだけ苦戦した新型マンハンターがいきなり雑魚に
スポンサーサイト

| 海外マンガ・原書 | 01:19 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/170-141cb110

TRACKBACK

まとめteみた【雨の中の涙のように・・・】

やっぱりジェフのグリーンランタンは良いね!Green Lantern: Revenge of the Green Lanterns (Green Lantern (Graphic Novels))Geoff Johns Carlos Paceho DC Comics 2008-10-07by G-Tools★★★★

| まとめwoネタ速suru | 2012/03/19 09:39 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。