雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなたはどこまで信じるか?『バットマン : ロング・ハロウィーン』

バットマン90年代最高傑作の呼び声高い名作。これを再刊しないヴィレッジの正気を疑う名作。

4863320582バットマン : ロング・ハロウィーン ♯1
ジェフ・ローブ ティム・セイル ヤスダシゲル
ヴィレッジブックス 2009-03-30

by G-Tools
★★★★★


 
 ロング・ハロウィーンはバットマンコミックの中でも90年代最高傑作とされる。映画好きの方ならノーランのダークナイトの原案となったと言った方が分かってもらえるかもしれない。
 そんな傑作にも関わらず、残念ながら上巻は絶版となっている。今年ノーランの手がけるバットマン最終章が公開されるということで再刊されそうではあるのかな。しかしプレ値を抜きにしても上下で7000円弱は高い。私は原書で読んだのだけれど、英語は比較的易しいし1800円と安いので選択旨に考えても良いかもしれない。
 
 本作はゴッサムシティに突如現れた謎の殺人鬼ホリデイの正体を巡るミステリーであり、フランク・ミラーのイヤーワンの後を引き継いだバットマン二年目のファルコーネファミリーの終焉の物語でもあり、またハービー・デントの失墜とトゥーフェイスの誕生譚でもある。
 ロングハロウィーン以前のバットマン二年目の話としてイヤーツーがあったが、こちらはロンハロの刊行とその後のイベントによってほぼ無かったことになってしまったそうで。

 ロングハロウィーンはまるでチャンドラーのような、ハードボイルド探偵小説の趣きを持ったバットマンコミックだ。まあバットマンはそもそも“闇夜の探偵”なんて言われるように、そういう面は強いシリーズなのだけれども。
 しかしこの作品はチャンドラーの名前を出したくなるくらいに素晴らしかった。「長いお別れ」を髣髴とさせる驚きの結末が待っていて、なおかつその結末は読み手を否が応にも感傷にひたらせる。

 単なるミステリーとして見てはちょっと楽しめないかもしれない。結局ホリデイが誰であったかということに完全な論理的解決は恐らく不可能だ。読者しか分からない材料が推理のヒントとなっている上に、殺害の手際やそれが露見しなかったのも偶然性が大きくリアリスティックに欠ける。祝日という制約が大きかったというのもあるだろう。しかしこの作品の見るべきところはそこではなくて…。

 ロングハロウィーンのテーマは恐らく“信頼”だと思う。ハービーを信じられるのか? ゴッサム・シティを、ゴッサムの住人が変われると信じられるのか? それはバットマンの自身への問いかけであり、かつ読者への問いかけでもある。そして各々の“信頼”がホリデイの真相を決めるのだ。
 これは本当にすごいと思った。重要なのはミステリーとしての真相じゃなくて、それぞれの思いが真相を決めること。ミステリーと物語がここまで完璧に融合した作品ってなかなかないよ。だからこそバットマンは信じたんだよなぁ。信じなければもはやバットマンではありえなかったのだ。でもそれはバットマンにとっての真実であって、読者にとっての真実ではない。どこまでハービーを、人間を信じるのか…。ホリデイの正体はミステリーの枠を超え、私達読む側がどこまで人間を信じられるかという人類の普遍的な問いかけにつながってくる。
 
 ハードボイルドをここまで引き上げたミステリーというのはやっぱりチャンドラーの作品以外に思いつかない。バットマン、ゴードン、そしてハービーの三人の屋上で結んだ絆は悲劇に終わり、三人はそれぞれの道を選ぶ。何度読んでも泣かずにはいられない。
 続編としては邦訳済みの「バットマン:ダークビクトリー」と未邦訳だが「Catwoman: When in Rome」がある。ロングハロウィーンだけでは分からなかった部分も多いので、ロンハロを気に入った方はこちらもぜひぜひ。

追記
Catwoman: When in Rome はまだ発売日未定ですが、小プロより刊行が決まったそうです。喜ばしきこと…なのだろうけど、原書読んだ直後にこのニュースを聞いたので複雑な気持ちなのであります。
スポンサーサイト

| 海外マンガ・原書 | 01:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

ロンハロの邦訳関係は本当に謎ですよね。再刊する噂がちょくちょくありましたが結局どうなることやら。
それにしても、上下巻に分けて高い割に紙質が他のと比べてイマイチだったりと、文句を言える立場じゃないですが「ヴィレッジ・・・」とモヤモヤしてしまいます。印刷のせいでアートも劣化しているような話をどこかで聞きましたが、原書はどんなもんでしたか?

名作だけにWATCHMENくらい買いやすい(?)値段にしてくれればもっと売れるんじゃないかと思うんですがね。映画『ダークナイト』の原点とか帯に銘打っておいて7000円弱て・・・新規読者にはハードル高すぎだ!

| フォーク | 2012/01/24 15:05 | URL |

Re: No title

ロンハロとイヤーワンはアメコミ入門に適した2冊ですからこれだけでも何とかして欲しいですよね。バットマンイヤーの今年再刊がなかったらもはやいつするのかって話ですが…。
ロンハロの邦訳は見たことないので比べることは出来ないんですが、原書のほうの紙質やアートにはまったく文句はないです。邦訳で劣化してるのが本当ならよっぽどですね。

何といっても小プロの価格が良心的なので、会社の規模が違うのは分かっていてもなかなかヴィレッジには厳しい目線になってしまいます。数少ないアメコミ出版社なのであまり文句も言えないのが辛い所。まあプレスポップよりはましなのが救いですかね。
ただ最近のゾンビーズやクライシスの延期を見ていると、アメコミ出版から手を引くんじゃないのかという不安があるのでダークビクトリーは迷いつつ邦訳買いました。まだまだトップ10の続きやデアデビルの邦訳は期待してますし。でもやっぱり高い…。

| 骨付きタロー | 2012/01/24 19:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/145-6fa748b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。