雨の中の涙のように・・・

雨の中の涙のように、私の記憶もみな時と共に消えてしまうのか? そうなる前に日本内外問わず私の愛する漫画や映画、小説について書き残しておくブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

俺様ヒーロー可愛いな『マイティ・ソー』

マーベルものの映画ってどれもこれも巧くまとめてくるなー。シンプルだけど、楽しい映画。

B0052R0S0Sマイティ・ソー [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2011-10-21

by G-Tools
★★★


 
 ソーというのは北欧神話と多少SFをハイブリッドしたようなヒーローものだったと思うけれど、マーベルに疎い私はほとんど知識がないです。マーヴルクロスの短編を読んだくらい。その時はわりと高慢ちきなヒーローだなぁ、と思ったのを覚えている。

 ソーはで傲慢な考えと軽率な行動のために、父親オーディンにアスガルドの後継者としての資格と神々の力を取り上げられてしまう。そこには自らが後継者の席を狙う弟、ロキの企みもあった。地球に堕ちたソーは人間達と戸惑いながらも交流していき、仲間と共にロキに立ち向かうことになる。

 アーサー王伝説(王の資格を持つものだけがエクスカリバーを抜けるってやつね)を髣髴とさせるファンタジーの王道中の王道でもあり、堕ちたヒーローの再生というアメコミの王道中の王道でもある。特筆することがあまりないほど、ありふれたお話なのだけれど、これがなかなかにおもしろかった。
 一歩間違えればまたこれかよってなっちゃう所を、王道っていいよねぇと思わせてくれる。また人間達と関わることで、自らの傲慢さに気付き、愛に目覚めるというソーが素直すぎて何とも可愛いのよ。

 こんなに短期間で自分の過ちを認められるならもっと早く何とかならなかったのかとか、正直細部で色々思うこともある。でもやっぱりアメコミの堕ちたヒーローの輝かしい復活って熱いよね。わりと色んなことがどうでもよくなるし、どうでもよくさせてくれるくらいの力があったってことだろうなぁ。

 結末のあのムジョルニアの一撃も、様々なものがこもった熱い一撃だった。そしてアーサー王伝説から一転、彦星と織姫のような切ないラスト。うーむ、余韻が心地よいです。
 しかし原作のソーは神々の国に戻るのを断って地球に残ることを選んだように思うけれど、これはどうするんだ?アベンジャーズにどうつなげてくるのか気になる所。

 ということでアベンジャーズに備えてキャプテン・アメリカも見とこうかな、というくらいには楽しめた。マーベルに比べると。ノーランのバットマンは安泰としてもランタンが大コケしたDCは不安だな…。スーパーマン、ワンダーウーマン、フラッシュとJLAまで盛り上げてつなげて欲しいです。
スポンサーサイト

| 洋画 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://honetsukitaro.blog.fc2.com/tb.php/113-25643461

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。